お役立ち情報

2020.11.17

火災事故

「冷蔵庫の電源コードが短絡して出火した住宅火災」

この火災は、住宅の1階リビングキッチンから出火したものです。

出火原因は、リビングキッチンに設置されていた冷蔵庫と背面に置いていた木製棚に電源 コードが挟まれた状態で10年以上使用していたため、半断線した電源コードが発熱を伴って 短絡し出火したものです。

出火時分:1月 14時ごろ

 出火建物の近所に居住している女性が、帰宅途中に火元建物1階から白煙が出ているのを 発見したので急いで帰宅し、自宅にいた妹に知らせて通報と初期消火を分担した後、自宅の 電話で119番通報しました。 妹は、自宅の庭の散水栓からホースを延ばして建物の窓に向かって放水していると、隣接 住宅の男性が火災に気付き、協力して消火を試みましたが消しきれませんでした。 教訓等 火元建物の冷蔵庫などの大型電気製品は、10年以上機器の移動やコンセントの抜き差し をすることなく、長期間使用されていました。電気製品の器具コードを床面に敷設してい る場合は、敷設していることに気付かず、他の物品などを置いて、器具コードが踏まれた 状態となり、半断線することがあります。 年末の大掃除や衣替えの時季などに電源コードの点検、清掃を行うなど、定期的な実施 を習慣づけることが必要です。